ヨコザワテッパン

【鉄板の初日】ヨコザワテッパン最初の使い方!初心者でも簡単シーズニングのやり方

昨今のアウトドアシーンで大変人気のコンパクトサイズ鉄板。

ブームの火付け役とも言えるヨコザワテッパンは今なおその代名詞的存在となっています。

小型ながらずっしりと厚みがあり、分厚いステーキでもふっくらジューシーに焼けると多くの人を魅了しています。

 

 

無駄をそぎ落としたシンプル&コンパクト形状で、携帯性も良くキャンプや釣りなど様々なアウトドアシーンで大活躍です。

ヨコザワテッパンについて詳しくはこちら

 

ジェットスロウ 冒険用品 ヨコザワテッパン(横沢鉄板) A5サイズ

 

実はこのヨコザワテッパン、購入したら使い始める前には必ずやるべき作業があります。

 

それをシーズニングといいます。

 

シーズニングを適切に行うことで鉄板をより快適にかつ長く使い続ける事が可能になるのです。

ヨコザワテッパンをはじめ多くのアウトドア用鉄板は、家庭用フライパンのようなコーティング加工が施されていません。

そのためシーズニングを行ってからの使用が大前提となります。

うっかりそのまま使用しないように注意しましょう。

 

という事で今回は

ヨコザワテッパンのシーズニングの手順やメンテナンス方法を解説していきます。

 

当記事はヨコザワテッパンを買ってから使い始めまでを順を追って解説していくマニュアルのような内容になっています。

ヨコザワテッパン以外のアウトドア用鉄板でも基本的には手順は同じなのでぜひ参考にしてみて下さい。

 

♦合わせて読み読みたい♦
・究極のアウトドア鉄板、ヨコザワテッパンって何?

・ヨコザワテッパンのライバル「ユニ鉄」に迫る

【宅配買取サービスやっています】
かんたん1分LINE査定

【買取品を直売しています】
週末すとあ

シーズニングとは

 

 

一般的にシーズニングとは、出荷時に付いている工業系の油分を取り除き、食用の油分でコーティングしてあげることです。

食材が焦げ付きにくくなるだけでなく、錆予防にもなるのでヨコザワテッパンを長く愛用していくにはシーズニングは不可欠といえます。

それではヨコザワテッパンが自宅に届いてからシーズニング完了までの流れを見ていきましょう。

 

 

ヨコザワテッパンが届いたら

 

専用袋に入った状態で着弾したヨコザワテッパン。

この時点でテンションは最高潮ですが、まずは落ち着いて中身をチェックしていきましょう。

 

 

【セット内容】

・ヨコザワテッパン
・油紙
・コテ
・やっとこ

調理に必要な物がすでに揃っているので、キャンプ初心者の人にも優しい充実の内容です。

 

 

収納袋には簡単なシーズニングのやり方と使用上の注意が記載。

しかし、ここに記載されているのはあくまで簡易的な手順になっているので、これから説明する方法を個人的に推奨いたします。

それではさっそくシーズニング手順を見ていきましょう。

 

 

シーズニング簡単4ステップ

 

その①:加熱し工業系油分を飛ばす

まずは鉄板を空焚きします

この際に必ず鉄板を安定して加熱できる場所で作業を行ってください。
※シングルバーナー等の小型器具ですと安定性に欠けるのでおすすめしません

 

しばらく空焚きしていると鉄板の色合いが変わってくるのが分かります。

そうしたらひっくり返し反対側も同様になるまで加熱します。

 

ひっくり返す際は付属のやっとこでしっかり掴みましょう。意外と重量があるのでうっかり落下させないよう慎重に。

【空焚きワンポイント】

家庭用のガスコンロでも作業可能ですが、安全装置つきだと空焚きがスムーズにいかない場合があります。(最近のコンロは優秀なので空焚きと判断すると勝手に火力が最弱になってしまう為)

そんな時は炭をおこしてBBQコンロで作業するか、スノーピークのフラットバーナーツーバーナーのような大きめのアウトドア用ガスバーナーをおすすめします。これらの機器では必ず屋外で作業しましょう。

 

その②:冷まして洗う

空焚きが終わったら時間をおいて指でさわれるくらいまでは冷まします
※この際に水につけて無理やり冷却してはいけません、自然に冷めるのを待ちましょう。

十分に冷めたら食器用洗剤を使って洗います。

こうして洗い残った工業系油分を取り除き、この後のコーディングに備えます。

要はオメカシする前に完全に裸の状態にしてあげるわけですね、愛をこめて洗いましょう。

 

その③:食用油でコーティング

洗い終わり鉄板が乾いたら食用油を塗っていきます。

油の種類はサラダ油や牛脂など食用油であればOKですが、迷ったら無難なオリーブオイルを使っておきましょう。

 

 

ここでのポイントは薄く、そしてまんべんなく全体に塗っていくことです。

べっとりと塗ってしまうとシーズニング後にムラになるどころか、うまくシーズニングできない場合もあります。

「うすーくまんべんなく」を心がけて下さい

 

その④:煙が出なくなるまで加熱→冷ます

食用油を塗ったヨコザワテッパンを加熱します。
※鉄板は滑りやすくなっているので気を付けてください。

しばらくすると煙がモクモクしてきます、さらに加熱し煙が出なくなったら火を止めます。
※鉄板の端など熱がなかなか届かない場合は慎重に位置をずらしまんべんなく加熱します

 

十分に冷めたら再び食用油を塗り加熱していきます。

この『油を塗る→加熱→冷ます』という作業を2~3回ほど繰り返したらシーズニング完了です。

 

【ワンポイント】

繰り返し回数は多ければ多いほど良いとされていますが、正直1回でも十分シーズニングできている場合もあります。

こだわりたければ5回以上行っても問題ありませんが、3回も繰り返せば個人的には十分すぎるくらいと感じます。

 

以上でシーズニングの工程は完了です。

初回にしっかり行えれば、今後はシーズニング作業は行う必要はありません。

 

【初回使用時には】

最初に使うときはクズ野菜を炒めてから使用すると、鉄臭さがとれてより美味しく仕上がります。
※2回目以降は不要

 

 

裏面シーズニング問題

 

ここまでシーズニング手順を解説してきましたが、

「裏面はシーズニングするべきか否か」

という疑問を感じる人もいるかと思います。

これには特に正解といったものはなく、ユーザーの好みによって見解は分かれてきます。

 

筆者は両面シーズニング派ですがそれぞれにメリット・デメリットがありますのでまとめてみました。

悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

 

両面シーズニング

メリット
・両面とも錆から保護できる
・どちらの面でも調理可

デメリット
・シーズニング作業の手間が若干増える
・裏面が滑りやすくなる

 

片側シーズニング

メリット
・シーズニング作業が少し楽
・裏面が滑りにくく調理時安定しやすい

デメリット
・裏面が錆びやすい
・片面でしか調理できない

 

結論からすると

裏面の滑りにくさをとるか、錆にくさをとるか

というところに落ち着くと思います。

あまり不安定な場所で調理をしないのであれば、錆びにくさ優先の両面シーズニングで問題ないと思います。

 

 

メンテナンスと保管方法

 

ここからは実際に鉄板を調理に使ったあとのメンテナンスについて解説します。

 

調理後は洗剤では洗わずに、付属のコテで汚れを落とし水で洗います。
※洗剤で洗うとシーズニングによるコーティングが落ちてしまう可能性があります。

汚れがしつこい場合や衛生面が気になる場合は熱湯をかけてあげると綺麗に落とせます。

水気を十分にとったら薄く食用油を塗り、付属の油紙かキッチンペーパーなどに鉄板を包み保管しましょう。

 


ヨコザワテッパンで豪快にステーキ

 

ヨコザワテッパンは使えば使うほど鉄板に油が馴染んでいき、お肉が張り付きにくい自分だけのテッパンへと育っていきます。

シーズニングと正しいメンテナンスであなただけのヨコザワテッパンを育ててみて下さい。

 

 

♦合わせて読み読みたい♦
・究極のアウトドア鉄板、ヨコザワテッパンって何?

・ヨコザワテッパンのライバル「ユニ鉄」に迫る

【宅配買取サービスやっています】
かんたん1分LINE査定

【買取品を直売しています】
週末すとあ

-ヨコザワテッパン

© 2021 福ちゃんのキャンプ&手作りピザ Powered by AFFINGER5