バーナー・調理器具

【ユニフレーム】ユニ鉄VSヨコザワテッパン!キャンプ飯にかかせないアウトドア鉄板おすすめはどっち?【冒険用品】

投稿日:

アイキャッチ画像出典:UNIFLAME

ヨコザワテッパンを始め近年アウトドアシーンで大変な人気のコンパクト鉄板、気になっている方も多いのではないでしょうか。

そしてこの度2019年新商品としてユニフレームから待望のコンパクトサイズ鉄板がリリースされ話題となっています。

 

その名も「ユニ鉄」

 


出典:UNIFLAME

 

今回はこのユニ鉄をヨコザワテッパンとの比較を交えながら徹底解説していこうと思います。

気になる使い勝手やヨコザワテッパンと比べてどうなのか、さっそくその魅力に迫っていきましょう。



ユニ鉄のスペック

 

まずはユニ鉄のスペックを同じく人気のコンパクト鉄板「ヨコザワテッパン」と比べてみましょう。


出典:UNIFLAME

UNIFLAME ユニ鉄

・サイズ:約200×200×17mm

・重量 :約1.45kg

・材質 :ダクタイル鋳鉄

冒険用品 ヨコザワテッパン

・サイズ:約200×150×5mm

・重量 :約1kg

・材質 :鋼鉄

 

御覧いただいた通りヨコザワテッパンよりも一回り大きいサイズ感になっています。

その分重量もやや重くなっています。

 

 

使い勝手がかなり良い

 


出典:UNIFLAME

先に述べた通りヨコザワテッパンに比べやや大きめなユニ鉄。

の使い勝手はキャンプなどでの本格的な調理にも向いた仕様になっています。主な特徴をまとめてみました。

 

・縁がある

鉄板を囲むように縁があるので油が勝手に落ちてくる事はありません。これは掃除が楽になりそうですね。

・リブとフラットがコンビになった一体型

リブ面で肉を焼きながらフラット面で野菜を焼くといった使い方が可能。調理効率がよさそうです。

・ウェ~ブ焼網ハンドルを取り付け可

別売りのハンドルを装着すればさらに使い勝手がまします。コンパクトながら重量のある鉄板ですので移動や調理時の安定感が増すのはうれしいポイント。

 

 

 

ユニ鉄とヨコザワテッパンどっちがおすすめか?

 


(ヨコザワテッパンで豪快に肉を焼く図)

アウトドアシーンで絶大な人気を誇るヨコザワテッパンと、より機能的なユニ鉄。

どちらもしっかりと厚みがあり、どんな食材も早く美味しく焼き上げる事が可能となっています。

 

では一体どちらがおすすめなのでしょうか?

 

私の考えは以下の通りです。

・ヨコザワテッパンはキャンプ以外にも釣り・登山など様々なアウトドアシーンで気軽に持っていけるシンプル構造が素晴らしい。サイズもコンパクトなのでソロキャンパーやキャンプツーリングなどにもおすすめ!

・一方ユニ鉄は使い勝手の良さで分があります。ヨコザワテッパンの油の垂れが気になる人や、もう少しサイズが欲しいという方におすすめ。また調理になれていない初心者にもユニ鉄はおすすめと言えそうです。

 

ちなみに私はどちらを選ぶかと言うと、、、

 

どっちも使います(笑)

ヨコザワテッパンの無骨な雰囲気は本当に素敵ですし何よりお肉が信じられないほど美味しく焼けます。またユニフレームが満を持してリリースしたユニ鉄もキャンプでの運用のしやすさで今後欠かせない存在になりそうです。

 


出典:UNIFLAME

どちらもハイスペックなアウトドア用鉄板であるうえに導入しやすい価格帯ですので、コストパフォーマンスにも優れていておすすめですよ♪

 

 

 

-バーナー・調理器具

Copyright© 福ちゃんのキャンプ&手作りピザ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.