バーナー・調理器具

【新商品】SOTO(ソト)マイクロトーチCOMPACTとACTIVEは小さいのに火力抜群!徹底レビューします【キャンプ】

アイキャッチ画像出典:SOTO

アウトドアシーンでちょっと火が欲しいって瞬間、結構ありますよね。

でもライターだと火力が弱くてなかなか付かないし、風が強い日だと全く歯が立たないってこともしばしば。

だけどわざわざトーチバーナーを出すのも面倒くさい、、、

そんな時に活躍してくれるのが2019年新発売された
SOTOマイクロトーチCOMPACTマイクロトーチACTIVEです。

 

 

【SOTO マイクロトーチCOMPACT】

SOTO(ソト) マイクロトーチ COMPACT(コンパクト) ブラック ST-485BK

 

【SOTO マイクロトーチACTIVE】

SOTO(ソト) マイクロトーチ ACTIVE(アクティブ) ブラック ST-486BK

 

 

キャンプや釣りなどのアウトドアシーンのみならず、日常でも使い勝手のよいミニマムサイズのトーチバーナーとなっています。

発売以来人気の両モデルの魅力に迫っていきましょう!



マイクロトーチシリーズとは

 

マイクロトーチシリーズの最大の特徴はそのコンパクトなサイズといえます。

それではさっそく両モデルのサイズとスペックを見ていきましょう。

 

マイクロトーチCOMPACT

・サイズ:幅35X奥行19X高さ80mm

・重量:35g

・火炎温度:1300℃

・点火方式:圧電着火方式

・燃料:ガス充填式(カセットガス・ライターガスを充てん可)

 

マイクロトーチACTIVE

・サイズ:幅50X奥行19X高さ90mm

・重量:45g

・火炎温度:1300℃

・点火方式:圧電着火方式

・燃料:ガス充填式(カセットガス・ライターガスを充てん可)

 

サイズ感はご覧いただいた通り、手のひらにもすっぽり収まる大変コンパクトなデザインです。

それでありながら火炎温度1300度という高火力を実現しており、実用性が高くなっています。

また燃料はライターガスかカセットガスから充填する方式ですので、うっかり燃料切れとなっても簡単に補充できる点アウトドアシーンでは嬉しいポイント!

 

CONPACT と ACTIVEの違いは?


出典:SOTO

両モデルの違いはそのデザインにあります。

シンプルなタテ型デザインでよりコンパクトに収まったCOMPACT

・使い勝手の良い角度がついたヨコ型のACTIVE

このような住み分けが両モデルにはあります。また僅かにCOMPACTの方が軽量です。

もともとコンパクトさが売りのアイテムですのでCOMPACTの方が今後人気が出るかもしれませんね!

 

 

 

人気モデルのスライドガストーチとどっちがおすすめ?

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 [HTRC 2.1]

SOTOの手持ちタイプバーナーで同じく人気モデルのスライドガストーチ

 

果たしてマイクロトーチシリーズと比べてどちらがおすすめなのでしょうか?

 

これはズバリ、

・アウトドアシーンでの使い勝手ならばスライドガストーチ

・オールラウンドに使えてどこにでも持ち運べる相棒が欲しいならマイクロトーチ

と私は考えます。

スライドガストーチは火口の長さを無段階で調整できますので、使い勝手ではこちらに軍配があがります。

しかしマイクロトーチシリーズのコンパクトさにはとても敵いません。マイクロトーチはどこにでも気軽に持ち運べるのでアウトドアシーンに限らず頼れる相棒として役立ってくれるのです。

 

 

 

高いコストパフォーマンス

 

コンパクトながら強い火力を持ちオールラウンドに活躍しれくれるマイクロトーチの魅力について紹介してきました。

 

実はこれだけのスペックでありながら値段はお手頃価格なんです。

 

またオレンジ・ブルー・ブラックと3色の豊富なカラーバリエーションもさらに魅力を感じます。

アウトドアシーンを始め様々なシーンで活躍してくれるマイクロトーチシリーズ、炭起こしや火起こしが苦手なキャンプ初心者の方にもおすすめです♪コスパも抜群ですよ。

-バーナー・調理器具

© 2020 福ちゃんのキャンプ&手作りピザ Powered by AFFINGER5