ヨコザワテッパン

【キャンプ飯】ヨコザワテッパンで料理!簡単で美味しいアボカドハンバーガーの作り方【鉄板レシピ】

キャンプでも人気のアウトドア用コンパクト鉄板のヨコザワテッパンを使ったハンバーガーの作り方を紹介します。

しっかり厚みのあるヨコザワテッパンだから表面はこんがり、中はジューシーに出来上がります。

作り方もとっても簡単でキャンプ初心者の方にもおすすめの内容となっています。

 

 

青空の下で頬張る出来立てジューシーなハンバーガーは最高です!それでは作り方を見ていきましょう♪

 

【合わせて読みたい】
アウトドア最強鉄板、ヨコザワテッパンの実力とは!分厚いお肉も簡単ジューシーで美味しい仕上がりに♪
【鉄板の初日】ヨコザワテッパン最初の使い方!初心者でも簡単シーズニングのやり方
【鉄板生活】ヨコザワテッパンで美味しいステーキを焼く方法とは!




材料を準備

●材料(1個分)
牛ひき肉・・・120g~140g
アボカド・・・1/3個
レタス ・・・適量

 

挽き肉は合挽ではなく牛挽肉を選ぶ

合挽ではなく牛挽肉にすることでよりお店の味に使いビーフの味わい楽しめるハンバーガーになります。

もちろん合挽でも美味しいハンバーガーになりますが、より本格的でアメリカンな味わいを目指すなら牛100%をチョイスしましょう。

 

 

卵やパン粉といったつなぎは使用しない

ビーフそのものの味わいを楽しむために卵やパン粉はツナギに使用しません。

そのためハンバーグのようにふんわりとした食感にはなりませんが、肉を感じるワイルドな味わいになるのです。これが専門店の味に近づけるコツとなります。

当然つなぎを使わないと成形が難しくなりそうですが、塩コショウは加えるので牛挽き肉だけでも形を整えるのはそこまで難しくありません。

つなぎを用意しなくていいのはキャンプやバーベキューなどのアウトドアシーンではむしろ嬉しいポイントですね。

 

 

 

パティの作り方

 

牛挽き肉をボウルや鍋に移し、塩コショウをする

シンプルにクレイジーソルトだけでも問題ありません。

 

 

挽き肉をこねて成形する。


つなぎを使わないので形を整えるのがすこし難しいですが、慣れれば問題なく成形できます。

成型時のポイントは出来るだけ薄めに作る事です。その結果火が通りやすくなりヨコザワテッパンでも焼きやすくなります。
※画像の段階よりもさらに薄く成形していきます。

 

 

 

具材の準備

今回のトッピングとなる具材はシンプルにアボガド・キャベツ・チーズだけです。

肉汁あふれるジューシーなパティであればこれだけでも大満足の仕上がりになります。

 

アボカドを切る


アボガドを半分にカットし皮を手で剥がしたら、種を取って好みのサイズにカットします。

薄めにスライスした方が食べやすいでしょう。

 

 

レタスを切る

レタスをカットします。バンズからはみ出るくらいの大きさが豪快な見た目になりおすすめ。

 

 

 

ヨコザワテッパンを準備する

 

シングルバーナーの上にヨコザワテッパンのせて強火で加熱

今回使ったのはコールマンのシングルバーナー「FYRESTORM」

コンパクト収納できる上にゴトク部分もしっかりしてヨコザワテッパンの調理も問題なくこなしてくれます。

シングルバーナー人気モデル徹底比較の記事はこちら!

 

 

鉄板が熱くなったら弱火にする

強火のまま調理するとすぐ焦げるので注意です。

ヨコザワテッパンは強火で加熱→弱火で調理の流れが基本になります。

 

 

 

バンズを焼く

 

今回使ったバンズはこちら

 

第一パンのゴマ付きハンバーガーバンズ4個入り

キャンプやバーベキューで気軽にハンバーガー作りを楽しみたい方におすすめです。

ただし、ハンバーガーバンズを取り扱っていないスーパーも多いので、事前に調べておくかネットで購入しておく事をおすすめします。

もし当時までにバンズが見つからなかった場合は諦めてビーフハンバーグを楽しみましょう(笑)

 

 

 

 

バンズは平面にかるく焼くのももちろんヨコザワテッパンを使います。

軽く焦げ目がつく程度まで焼くと美味しいです。

 

 

 

 

パティを焼く

それではいよいよ成形したパティを焼いていきましょう。

この段階でもヨコザワテッパンは十分に加熱した状態で、弱火調理が原則です。

 

鉄板の上に軽く油を塗る

ラードが好ましいですが、サラダ油やオリーブオイルでも問題ありません。

 

 

パティをのせる


ジューーっと良い音が響きます。食欲そそるこの瞬間です

 

 

十分に焼けたらひっくり返す


このぐらいの焼き目がついたらひっくり返し、同様に反対側を焼いていきます。

 

 

チェダーチーズをのせる


反対側の面にも焼き目がついてきたらチェダーチーズをのせ、しばらくの間パティと一緒に加熱して程よく溶けさせます。

パティの側面や、爪楊枝で中の様子を伺いながら、パティの中まで火が通ったら完成です。

 

 

 

トッピング

ここまでくれば完成まであとすこし!バンズに完成したパティや具材をトッピングしていきましょう。

 

バンズの上にレタス・パティの順でトッピング

 

 

アボカドをのせたらソースを投入


アボカドをお好みの量のせたら最後にソースをかけます。ソースは焼き肉のタレでもOK。

もちろんソースは手作りできますので好みの物を作ってみるのも楽しいです。

ちなみに今回はエバラのスタミナにんにくのタレを使ったところニンニク風味で大変美味しく仕上がりました。ハンバーガーと相性抜群なのでおすすめです。

 

 

 

バンズをのせたら完成

最後にごま付きバンズをのせたらヨコザワテッパンで作るアボカドビーフハンバーガー完成です!

 

 

【味の感想】

・ヨコザワテッパンで焼くことにより表面こんがりなのに中はジューシー。一口目に肉汁がブワッとあふれてくる専門店のような本格的な味わいに。

・とろけるチェダーチーズとアボカドの相性も抜群で美味しい。

・ニンニク風味の焼肉タレがハンバーガーとの相性がよく本格的な味わいに。

・ビールがすすむ

 

ヨコザワテッパンで作るハンバーガー、簡単なのに専門店のようなおいしさになります。

普段のキャンプ飯に飽きてしまったらハンバーガーをレシピに入れてみてはいかがでしょうか。

 

【冒険用品 ヨコザワテッパン】

【サイズ】A5サイズ(約5mm)
【  重量  】約1キロ

 

ヨコザワテッパン記事一覧はこちら

-ヨコザワテッパン

© 2020 福ちゃんのキャンプ&手作りピザ Powered by AFFINGER5