寝具

ネイチャーハイクのコットが高さ調整可能なのに超軽量コンパクトでおすすめ【キャンプ・ツーリング】

キャンプでより快適な睡眠を求めた場合に不可欠なのがコット(アウトドア用ベッド)です。

地面から離れて眠る事が出来るので寒さも軽減し、地面の硬さも感じず快適な睡眠を手にする事ができるのです。

今回はそんな快適なアウトドアに欠かせないコットの中でも特に機能性が高く、筆者おすすめのモデルを紹介したいと思います。

そのコットがこちら、

Naturehike 2020年版 アウトドアベッド (カーキ)

人気上昇中のアウトドアブランド「Naturehike」からリリースされている『アウトドアベッド』です。

その驚くべき機能性と魅力に迫っていきましょう。

【合わせて読みたい】
・クイックキャンプのGIコットの快適性と楽さが癖になる
・収納とコスパ最強のネイチャーハイクCloud UP2テントをレビュー



軽量コンパクト収納

 

登山用テントなど収納時のコンパクトさと軽さが売りのネイチャーハイクの製品ですが、こちらのアウトドアベッドも例外ではありません。

 

 収納スペック

【収納サイズ】
52×19cm
【 重 量 】
2.3kg

 

重量においてはコットでありながら2kg前半とかなりの軽量設計です。キャンプツーリングなど積載に制限があるシーンにも重宝しそうです。

しかしそこまで軽いと気になってくるのが強度ですよね、熟睡している時にベッドが崩れるなんて事があればひとたまりもありません。

ではその点を見ていきましょう。

 

 

 

驚きの耐荷重

 

Naturehikeアウトドアベッドの耐荷重はなんと150kgにもなります。

軽量コットにありがちな頼りない数値どころか、高級メーカーのそれに等しい高水準なスペックと言えます。
※ヘリノックスのタクティカルコットの耐荷重は145kg

150kgあればがっちり体系の男性でも余裕がありますし、日中ベンチやラック替わりに使う際も安心できます

日中から設営しておけば何かと役立つコット、これほどの耐荷重ならガンガン使えそうです。

 

 

 

高さ調整機能

 

軽量・コンパクト・丈夫 と高機能なスペックをもっていながら、なんと2段階高さ調整機能までついています。

 

高さ調整機能があると以下のようなシーンで役立ちます

・底冷えが厳しい時に高さを出して寒さを凌げる。

・ワンポールテントのような傾斜のついたテントの場合ローポジションにすればスペースを有効活用できる。

 

 

 

高いコスパ

 

ハイスペックながら高さ調整機能までついたアウトドアベッド、さらに驚くべきはその価格帯です。

同等性能の有名ブランド品よりも遥かにお手頃な値段で購入できます。

その高い機能性を考えればコストパフォーマンスに優れていてオススメのコットです。

 

【展開サイズ】
約190×65×38cm
【収納サイズ】
52×19cm
【 重 量 】
2.3kg
【 耐荷重 】
150kg

 

【合わせて読みたい】
・クイックキャンプのGIコットの快適性と楽さが癖になる
・収納とコスパ最強のネイチャーハイクCloud UP2テントをレビュー

-寝具

© 2020 福ちゃんのキャンプ&手作りピザ Powered by AFFINGER5